HOME > すべての記事 > 介護士コラム~体験談~ > 介護士の仕事で一番上達したのは料理?グループホーム勤務の体験談

介護士コラム~体験談~

介護士の仕事で一番上達したのは料理?グループホーム勤務の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症高齢者グループホームは家庭的な雰囲気の中、洗濯や食事作りなどもご利用者様と介護士で行うグループホームも多く存在します。
そんなグループホームで活躍している私の知り合いの男性介護士の体験談をご紹介します。
(成功体験か失敗体験かは、読んだ皆様のご判断におまかせします。)

20代男性介護士の悩み

私の勤めていたグループホームにKさんという20代の男性介護士が入職してきました。

このKさん、介護士に非常に向いている素質があり、入浴介助、食事介助、排泄介助の3大介護は素早くていねいで、かつご利用者様へのお声かけも優しい雰囲気があり、ご利用者様からも同僚の介護士からも好かれるタイプでした。

しかし、この介護万能型とも言えるKさんに、グループホームだからこその悩みがあったのです。

Kさんの悩みは「食事作りが苦手」ということだったのです。

介護士が料理を練習?

特別養護老人ホームや老人保健施設などの大型入所施設では、介護士が食事を作るという場面はほとんどありません。
特別養護老人ホームの中には、ユニット型個室の施設だとユニットでご飯炊きや汁もの作り程度をご利用者様と介護士でやっている施設もありますが、一膳すべての食事を作るということはないと言って等しいです。

それに対してグループホームは家庭的な雰囲気を大切にしているので、3食の食事作りはご利用者様と介護士でやっているグループホームも多く、実際はご利用者様の認知症が重度化しているため、介護士主導で作っているというグループホームもあります。

Kさんの話に戻ります。
20代の男性で実家暮らし(食事は同居のお母様が作ってます)なので、今まで自分で料理したのは家庭科の授業くらいとのこと。

毎日自宅で料理をお母様に教えてもらいながら練習したと言ってました。

Kさんのこだわりのカレー?

そのうち、Kさんは料理が楽しくなってきたのか、カレーを作るときはルーも1から自分で作るまでに上達(というかこだわり?)しました。

そしてグループホームでも、同僚の介護士には了解を得てカレールーを1から手作りしたカレーライスを作るようになりました。

ご利用者様も同僚の介護士も「Kさんの作るカレーはすごく美味しい!」と口をそろえて言うのでした。

でも・・・

介護士がここまで料理にこだわらなくてもいいような??気もする私でした。

まとめ

いかがでしたか?料理の苦手な男性介護士はもちろん、結婚前の女性介護士も、グループホームで働くと料理がグンと上達するかもしれませんよ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士コラム~体験談~関連記事