HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 特養の施設長はどんな仕事をしているのか?

介護士のお仕事

特養の施設長はどんな仕事をしているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

施設長と言えば、朝礼にふらりと現れていつの間にかいなくなり、またいつの間にかやってきてあぁでもないこうでもないと言ってどこかへ帰っていく、何だかよく分からないけど偉い人というイメージをお持ちの方が多いようですが、一体何をしている人なのでしょうか。

施設長の仕事は、大きく分けると人事、及び、経営です。
特養という一つの施設が国だとすると、施設長は政治家のようなもので、収支も職員も、施設全体が上手く回っていくように工夫や配慮をしていくのが施設長です。チェーン店の店長の方が似ているかもしれません。
施設を取りまとめてくれていることはお分かりいただけたかと思いますが、具体的にはどのようなことをしているのでしょうか。

スタッフの採用と配置・労務管理

特養で働いたことのある方の中には、施設長が面接をしているところを見たことのある方もいるでしょう。
新規スタッフを採用し、どこに配置するのかを決めるのは主に施設長の仕事です。
採用の他では各部署の人事異動も、施設全体の生産性が上がるよう考えて施設長が決めています。

これらは、都合によって各部署の主任などが決める・提案する、ということもありますが、ほとんどの施設で、最終的な判断をするのは施設長です。
また、それぞれの職員がバランスよく働けるよう仕事を分散して残業を減らす・生産性を上げる工夫なども、いつも施設長が考えていることです。

選ばれるために施設長自ら営業する

入居者がいなければ施設はやっていけません。超高齢社会で介護施設が不足しているとは言え、次々と新規参入してくる法人・特養の入居基準が厳しくなったことなどから、特養も選ばれなければならない時代に入りました。

これには施設の窓口である相談員も必死ですが、施設長もまた、施設の長であるだけに必死なのです。
また、おむつなどの消耗品や施設の維持に関わる清掃や設備会社などとのやり取りも施設長が行っていることが多いです。

入居者とのコミュニケーションや家族の相談

相談員にも似た部分ですが、入居者と直接コミュニケーションを取る、行事に参加する・季節の挨拶をおこなうのも施設長の仕事です。
また、入居者の家族など関係者から相談を受けることもあります。相談員もその名の通り相談を受けることが多いですが、中には「施設長」という肩書が必要な相談もありますよね。

全てが「責任者を出せ!」のノリではありませんが、特に重要な相談には施設長の肩書が必要です。
施設長として入居者やその家族・関係者と関係を築き、安心・信用してもらうことも、施設の運営には大切です。

施設の目標を設置、経営は計画的に

施設を運営していくには計画が無ければなりません。
行き当たりばったりでは組織も職員も入居者も困りますよね。
組織としてあり続ける為には入居者を確保し、職員の生活を守り、そのためにはルールや設備を整備し、組織の規模を維持または拡大していかなければなりません。

いつ何を修繕・整備する必要があるか、何を増やすか、そのためにどのような準備が必要か、お金がどれくらい必要か…これらを考えて長期目標と短期目標を設定し、収支を管理します。
介護という気持ち重視ともいえる世界なのに、何だかお金のことばかりで汚いようですが、これもすべて施設が運営していくためです。
施設がやっていけなければ、入居者も職員も路頭に迷うわけですから、収支の管理とそのための目標の設置は、施設長の大切な役割です。

一番偉いはずなのに雑用係

収支の管理は組織の長らしいような仕事ではありますが、業者とのやり取りや営業などは長らしくないとも言える雑務です。
更に細かいことを言えば、朝礼の記録、日程を職員に知らせて準備を進めるなど、こまごました雑務が施設長の仕事には多く存在します。

また、施設の相談員が介護スタッフ兼任相談員である場合、相談員としての仕事のサポートも主に施設長がおこなうことになります。
施設を守り、入居者と職員の生活を守るために日々考え、配慮し、そのために必要なことは何でもする、それが施設長の仕事です。

まとめ

特養の施設長は偉いことは分かるのだけれど、介護スタッフから見ると一体何をしているのだかよく分からないものです。
主に人事と経営に関わっているので、介護経験がある方がスムーズではありますが実のところは介護職経験者でなくても務まります。なので、介護スタッフには分かりにくいところがあるのです。

人員を満たして生産性の高い働き方ができるよう、職員を雇い配置して、施設が今後もやっていけるように計画を立てて収支を管理します。
そのために肩書が必要な挨拶の場に出て相談にものり、関係を作り上げて信用を得、選ばれる施設を目指して日々行動する、プレッシャーの大きい重大な仕事です。
入居者と職員の生活を守るために施設を守る、正義の味方と言っても良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事