HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 介護職で月給30万円以上もらう為のポイントについて

介護士のお仕事

介護職で月給30万円以上もらう為のポイントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きつい・汚い・給料安い、いわゆる3Kの代名詞と言っても過言ではない介護職ですが、中には月収30万円を超える介護職もいます。
給料が安いと嘆く介護職は数多くいますが、その中で、給料がどうやって決まって、そのお金がどこからやってくるのか考えたことのある介護職はどれくらいいるでしょうか。また、それを理解して昇給するよう努力したことはあるでしょうか。

他職と比較しても介護職の給与所得は低水準ですから、これらをよく知って努力しても思うようにはいかないかもしれません。このことが、介護職が給与についてよく考えない原因でもあります。
それでは、3Kの介護職の中でも最良の給与をもらう為にはどうしたらよいのか、この機会に考えてみましょう。

月収30万、手っ取り早いのは転職

一か月の給与だけで考慮すると、月給が高額な施設に転職してしまうのが早いでしょう。有料老人ホームなどは高めのところが多いです。
目先の収入だけを考えるのであれば、初任給が高いところに入ってしまえば良いのです。

ただし、賞与が無い、又は少ない・手当や福利厚生が充実していないなど、月給とは別のところが原因で「高給」ではない場合があります。

お金がどこからやってくるのか理解して働く

国が介護報酬を出しているとは言え、そもそもの利用者がいなければ組織の収入はありませんよね。
介護業界は需要が高く、人も施設も不足状態で、余程質が悪くない限り利用者はいますが、この介護ブームでどんどん新しい施設はできています。
例え利用者の数が変わらなくても、利用施設を変える人が増え、利用者の出入りが増えれば、雑務などの仕事も増えて忙しくなりますね。

単純に考えると、組織としての収入が増えなくても仕事は増えて、そのために職員を増やせば一人当たりの取り分は減る・人を増やさなければ同じ収入でたくさんの仕事をこなさなければなりません。
実際はこんなに単純にはできていないので、残業手当がついたり、職員の数が増えても昇給したりしますが、これでは組織の利益が減ってしまいます。無駄な出費をしているという事です。

何が言いたいかというと、「給与をもらう為に組織の収入に貢献する、そのためにお金の出どころである利用者に満足してもらう」という努力をしていますか、ということです。
何でもいう事を聞く、というわけにはいきませんが、介護職として組織の一員として、自分に求められていること・できることを理解して働くことができれば、それが認められ、昇級にもつながるでしょう。

頑張っても報われない?給与の仕組み

介護職として施設の一員として、自分が適切な働きをしているにも関わらず、お金に反映されないことがあります。
本人が実際に貢献していたとしても、昇給というシステムが無ければ給与は変わりませんし、手当が充実していなければ努力もお金にはならない場合もあります。
契約書や給与明細をよく見て自分の給与がどうやって算出されているのか考えてみましょう。

どんな資格で手当てが付くか、どの役職でいくら増えるか、勤続年数でいくら変わって、自分の基本給がどの区分か、また、それらのうち自分にできることを全てやったとき、給与はいくらになるのか。
自分にできることをした時、昇給・手当を付けた場合の収入はいくらになるでしょうか。これが目標金額に達しない場合は、思い切って転職するのも良いでしょう。
もちろん転職先の給与の仕組みもよく理解してくださいね。

介護スタッフとして月給30万はハードルが高い

賞与などの手当を含めた一月当たりの平均給与は、介護スタッフで27万円前後ですが、相談員などでは30万円を超えます。このことから、介護業界で月収30万円を超えるには、昇給だけでなく昇進も必要でしょう。

「昇進は嫌、介護スタッフとして30万欲しい」となると、格別の条件を付けている会社へ転職するしか道はないでしょうが、これもまた見つけるのはおろか、採用されることも難しいでしょう。
介護職で高額を稼ぐという事はすごく難しいことですが、昇進してしまえば介護業界の中では比較的高給取りになります。
介護業界の昇進は他職に比べて難しくはないので、勤続年数と合わせて昇進を目指していく方が現実的です。

まとめ

介護職の給与が低いのは周知の事実であり、これを知っていて介護職になったにもかかわらず「給与が低い」と嘆く介護職が多いのはなぜでしょう。
誰にでもできる仕事とも言われているのに内容がきつく、その疲れを慰めるだけの給与が貰えないからです。

「こんなに働いてこれだけか」と思ってしまうと、給与がどうできていて、もっと貰うにはどうしたら良いか、などと考える余裕はなくなります。
よく考えないで嘆いてばかりの介護職が多いのはこれが原因でしょう。
バカだから考えてないのではありません。あまりにもガッカリして先を考えることをやめてしまうのです。
この空気にのまれないで、より多くもらう為に何ができるか、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事