HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 介護士の志望動機ってどんなことを書くのか

介護士のお仕事

介護士の志望動機ってどんなことを書くのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護士として働いている皆さんは、どんな思いで介護の仕事に就いたのでしょうか?
人それぞれ、必ず理由はあると思います。

「自分の親が介護士で、その姿を子供の頃から見てきたから」
「おばあちゃん子だったので、お年寄りと過ごす事がとても大好きだったから」
「親の介護をしてもらった時に、自分もこんな仕事をしてみたいと思ったから」

このように、誰にでも必ず介護の仕事をしようと決意した動機があるはずです。

面接の際には、このような介護士を目指した理由や動機を聞かれる事もよくあると思います。
しかし介護士になる為の動機ではなく、「何故うちの会社で介護をしたいのか?」と、その会社を選んだ理由についても、もちろん聞かれる事でしょう。

聞かれる事が無くとも、履歴書には志望動機や理由について記入しなければならない欄があり、会社の志望理由を記入する事になります。
あなたはどんな事を書きますか?採用に繋がるような内容は?

今回は、そんな志望動機や書き方について色々と紹介していきます。

志望動機にあまり相応しくない書き方について

何故あなたはその会社で働きたいと思ったのでしょうか?今では介護施設や介護事業所は、どこにでもあると言っても過言ではないくらい多くなりました。
その中から選んだ理由を志望動機には書かなくてはなりませんが、そんな動機の中には書くのにあまり相応しくない物もあります。

「家の近くだから志望しました」
もちろんこのような理由で志望した場合もあるでしょう。しかしこれでは面接官からのイメージは良くありません。近ければどこでもよいのかと思われてしまいます。
しっかりした理由があり、その上で自宅から近いと言ったような内容を書くようにした方が良い書き方と言えるでしょう。

「給料が良いから志望しました」
働くものとしてもちろん給料をより多くもらえる事に越したことはありませんが、ストレートにこの内容を書くのも、あまり相応しくないでしょう。
もちろん会社側も他の企業と差別化を図る為、福利厚生や給与の部分についてしっかりと還元する為の努力をしています。

しかしその部分を強く志望動機として伝える事は、イメージが悪くなってしまうのではないでしょうか。
もちろん給料の部分はとても大事な内容ですので、そこは志望動機に記入するのではなく、質問の時間や、雇用形態について説明を受けた時に聞く方が良いでしょう。

「特に理由はありません。」
または空欄にする事は絶対にしないようにしましょう。
働きたいという思いが全く感じられないと、とられてしまってもおかしくありません。

志望動機として相応しい書き方

上記の内容については、志望理由についてはあまり相応しくない内容を紹介しました。
やはり社会人として働かせてもらう事になりますので、常識ある内容を記入する事が求められます。

それではどんな内容が常識ある、相応しい内容と言える志望動機となるのでしょうか。

「会社の理念に魅力を感じて、働きたいと感じました。」
こういった内容を書く事は、企業としてもうれしい事だと思います。
会社案内やホームページを確認している事が感じられますし、介護を行う上である程度会社の方針をしっかり理解しているのでしょう。

「定期的に行われる研修制度や、資格取得のサポート制度に魅力を感じ、しっかり学びながらスキルアップが出来るので、是非働きたいと感じました。」
こちらのような内容が書いてある場合にも、この人はきっとしっかり勉強して立派な介護士になるだろう、と感じる事が出来ます。

企業としてはしっかり学び、長きにわたって勤めてくれる介護士を必要としています。
その為にはしっかり育てていく制度ももちろん必要ですし、そこをしっかり確認していてもらえると、企業としては採用する方向で考えてくれるのではないでしょうか。

珍しい志望動機も

その他にも志望動機は色々あります。
元々学生時代にボランティアできていて、「職場の雰囲気が楽しそうで応募した」「地域に住んでいて、施設が行う夏祭りやクリスマス会によく参加をしていて、こういう仕事をしてみたいと思った」「学生時代に職場体験をさせてもらい、介護の仕事に興味をもって応募した」等という、めずらしい志望動機で面接に来られる方もいるのです。

開設して10年を超えるような介護施設には、このような「地域交流」で築き上げた関係性も生まれてくるようです。

まとめ

今回は志望動機について色々と紹介してきましたが、あなたはどのような志望動機で今の仕事をしているのでしょう。
志望動機は、入社する為に自分の思いを会社に伝えた一番最初の思いになります。

今の自分はどうですか?
あの時の希望や思いは実現しましたか?
また、あの頃の気持ちのように働く事が出来ていますか?

つらかったり悩んだりした時には時々思い出してみて下さい。そして今の自分を見つめ直す良い機会になるのではないでしょうか?
また、これから面接をしていく方々はどうしてその会社に入りたいかの志望動機を明確にして、相手に自分の思いや会社に共感できる内容をしっかり考えて、面接に臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事