HOME > すべての記事 > 高齢者の方・ご家族の方向けコラム > ご家族様にもご利用者様にもメリットあり!ショートステイの利用について

高齢者の方・ご家族の方向けコラム

ご家族様にもご利用者様にもメリットあり!ショートステイの利用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護保険制度が定着してきた世の中とはいえ、介護施設を利用するご本人様も、利用させるご家族様も「介護施設や介護サービスを使うことに抵抗がある」と感じてしまう方は少なくないのではないでしょうか?

人間誰もが加齢を避けることはできず、個人差はあれどもいつかは介護が必要になります。現代は男女や世代問わず、ほとんどの成人が就労する時代であり、家族による介護が困難な時代とも言えます。したがって「入所型の介護施設をいつかは利用せざるを得ない」というご家族様も多いのではないでしょうか?

家族による介護が困難な時代だからこそ、できれば身内の介護にそれほど急いでないときに、それなりの準備をしておくと、いざ「身内の介護に困った」ときにあせらずに済みます。
今回の記事では、ご利用者様が抵抗なく入所型介護施設を利用開始できる準備段階として「ショートステイの利用」について触れてみたいと思います。

ご家族様が困らないように、事前にすべきこと

介護施設入所においても、介護保険サービス利用においても、まずはご利用者様が要介護認定を受けていることが必須です。

「ウチはまだ元気で大丈夫・・・」と思っていたら、ある日突然、ご本人様の急病等で介護を必要とする状態になる場合があります。介護施設や介護保険サービスを利用する、しないに関わらず、介護認定は早めに受けておくことをおすすめします。

さて、本題に入りますが、ご利用者様の立場として「介護を受けないと生活できない」とはわかっているものの「介護施設の利用はしたくない」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

また認知症のご利用者様は「場所が変わる」「送迎車両に乗る(乗せられる)」ということで、直感的に不安を覚え、利用拒否をされる方もいらっしゃいます。

ご家族様の立場としては「身内で介護が必要になったから、介護施設に入所させたい」はずが、ご本人様(ご利用者様)の拒否によって施設入所やサービス利用が中止になってしまうと、仕事などの予定がたてられなくなったりと、ご家族様の生活にも支障を来すようになります。

そのようにならないためにも、可能でしたら事前にショートステイなどの宿泊サービスを利用しておくことをおすすめします。

ショートステイ利用のメリット

ショートステイの利用は、ご利用者様とご家族様の双方にメリットがあります。

ご家族様側のメリットは想像しやすいと思います。「介護を必要とするご本人(ご利用者様)が、ショートステイを利用することで、家族の介護負担の軽減や家族の用事を済ませることができる」というのがショートステイ利用における、ご家族様側の代表的なメリットです。

一方ご利用者様側のメリットは、ご本人様(ご利用者様)への説明のしかたを工夫して、ご本人様(ご利用者様)が納得すれば、ご利用者様側のメリットが生まれてきます。ご利用者様側のメリットをいくつか挙げると「本入所(長期入所)になる前に、最短で1泊2日から施設生活の慣らしができる」「食事は専門職(管理栄養士等)による考えられた栄養による温かくて美味しい食事をとることができる」「他の方と交流できる」「独りで家にいるよりも、楽しくて(看護師等もいれば)健康上も安心できる」といった内容になります。

この中でも、ご利用者様側の最大のメリットは「いつか来る本入所(長期入所)の前に、短期間で施設生活(宿泊)が体験できる」ことで、気持ちの面で将来に備えることができるという点です。

初回利用するショートステイ事業所は慎重に選ぶ事

ご家族様にお伝えしておきたいのは「初回のショートステイ先で、ご本人様(ご利用者様)が楽しい思いをしてこないと、その先の利用や長期入所を拒まれる可能性が高くなる」ので「初回のショートステイ先は楽しそうな事業所を選ぶのがコツ」という点です。

誤解のないようにお伝えしておきたいのは「費用が高いショートステイが、必ずしも良いショートステイとは限らない」という事です。

介護保険法に基づくショートステイ事業であれば、介護保険で定められた金額とそれ以外の金額の合算で1日あたりの費用が決まってきます。法の下で適正に運営されているショートステイであれば、同じ条件の複数の事業所で費用比較したとしても、費用の差はそれほど大きくは無いと言えます。

ショートステイ利用にあたっては、担当のケアマネ―ジャーが勧める施設を言われるがままに利用するよりも、ケアマネ―ジャーに「良さそうなところを何か所か見学に行きたい」と伝えて、できればご家族様が事前に見学に行って、そのショートステイ先の雰囲気を確認されることをお勧めします。初回のショートステイでご本人様(ご利用者様)が悪い思いをしないため、そしてその先長続きさせるため、さらにいつか来る本入所(長期入所)に良い意味でスムーズに入所させるためでもあると言えます。

まとめ

ショートステイを早めに利用することで、ご家族様にはメリットがあることはもちろんですが、将来的な事を視野に入れてご利用者様にもメリットがあることを認識していただけると、ご家族様も気持ちの面での抵抗が少なくなると思います。

今回ご紹介した内容が、身内に要介護者がいるご家族様の気持ちの負担軽減になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

高齢者の方・ご家族の方向けコラム関連記事