HOME > すべての記事 > 持っていると有利な介護系資格 > 介護福祉士取得で時給大幅アップ!介護福祉士はパートで働くのもお得。

持っていると有利な介護系資格

介護福祉士取得で時給大幅アップ!介護福祉士はパートで働くのもお得。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の仕事は若い人だけの仕事ではありません。
介護の仕事はパートで働くのも魅力です。

国家資格取得者とそうでない人では時給が大きく違う。

時給の面では、介護福祉士という国家資格を取得しているか取得していないかで、ほぼどの職場も大きく時給に差があると言っても過言ではありません。

国家資格ではない介護初任者研修やヘルパー2級程度だと900円前後が相場のような気がします・・・(地域によっても差はあると思いますが)。

ところが介護福祉士だと、この時給+50円~100円以上にポンと跳ね上がる職場が多いと思います。

ちなみに現在の私の職場は、介護福祉士取得者のパート職員は最低時給設定が1000円、昇給を重ねて時給1300円で働いているパート職員もいます。1300円だとパートのケアマネージャーや准看護師と同等クラスの時給のような感じも受けます。

こうやって介護福祉士の時間給を見ると、介護の仕事は給料が安いというイメージはなくなると思いませんか?

登録ヘルパーになると、1時間1700円~2000円という働き方もある!

介護パート
皆さんは「登録ヘルパー」という働き方があるのをご存じですか?

主な勤務形態としては、時間拘束されずに例えば1件1時間の身体介助サービスで仕事をしたら1700円以上とか、1件30分の生活援助サービスで仕事をしたら600円以上とか(時給に換算すると1200円以上)、そのような勤務のしかたになります。

交通費や移動時間も含めてこの時給で設定している訪問介護(ヘルパー)事業所もあるようですが、でも1件1時間で例えば2000円近くの給料をもらえると考えると・・・
看護師並みの相場、いや看護師以上の時給かもしれません。

短期間で稼ぎたい人や、普段の生活スタイルをそんなに変えずにすき間の時間を使って収入をプラスしたい人にはぜひお勧めの働き方だと思います。

そのためにも、国家資格である介護福祉士を取得している方が有利だと言えます。

パートは心理的に負担が少ない分、介護がより楽しめる。

介護の仕事は、傾向としては常勤(正社員・正職員等)は責任が重いイメージがあり、非常勤(パート・アルバイト等)は責任が軽いイメージがある世界です。
(対利用者さんという面では本当は責任の重い軽いは無いんですけどね。)

でも、この「責任が軽い気がする」という心境は、不必要な緊張感を持たなくて良くなり、それだけで介護の仕事が楽しくなる人が多いようです。心理的に余裕があるためか、例えば認知症の利用者さんとの関わりを良い意味で楽しんで仕事をするパート介護福祉士も多くいるように感じます。

良い意味で介護の仕事を楽しむためには、介護福祉士を取得してパートで働くというのもとても魅力でお得だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

持っていると有利な介護系資格関連記事