HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 介護士は資格を取得すると給料が上がるのか?

介護士のお仕事

介護士は資格を取得すると給料が上がるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他職と比較して給料が低い介護業界ですが、介護士にとって資格は少しでも給料を上げるための有用な手段です。
ところが、資格を取得して給料が上がるというのは、全ての人に共通することではありません。
パートや正規職員などの雇用形態、会社としての給与の仕組み、資格の種類などによって、上がるか否か、どれくらい上がるかも変わります。

つまり、給料を上げるために資格の取得は有用だけれども、絶対に上がるということではない、ということです。
では、資格の取得で給料を増やすときには、どのようにしたら良いのでしょうか。
今回は、働き方と資格の種類などから様々なケースを想定して、資格によって給料が上がるとはどういうことなのかを考えていきます。

そもそも資格手当があるかどうか

どんなに良い資格を持っても、資格手当が無ければ資格で給料が上がることはありませんよね。
逆に言えば、資格手当さえあれば資格によって給料を増やすことができるということです。
資格手当が無い職場の場合に資格手当が欲しければ、一番現実的な手段は転職ということになってしまいます。資格手当のある職場に転職するのです。

ただし、転職先の資格手当を入れた給料が、転職前の手当なしの金額より低ければ、手当を貰う意味がありませんので、気をつけなければなりません。

資格手当無しで給料が上がる場合がある

資格による給料アップを目指す場合に初めに確認をすることは資格手当の有無ですが、資格手当が無くても資格を取得すると給料が上がる場合があります。
それは、基本給の等級に資格の有無が組み込まれている場合です。

例えば、介護福祉士を持っている人は1等級上がるだとか、時給が50円上がるだとか、こういった給料の基礎の部分に資格の有無が関係してくる体系を取っている場合です。
この他に、名称が「資格手当」でないこともありますので、資格手当が無くてもガッカリせず、給料の仕組みをよく理解しておくと良いです。

手当がつかない資格も取得した方が良い

介護で唯一の国家資格、介護福祉士は正規職員であればほとんどの場合に資格手当、もしくは資格による給料アップがあるでしょう。
しかし、介護職員初任者研修や実務者研修などは取得しても手当が付かないことが多いです。

一番お得なのは、資格取得のためのお金を出してくれて、これらの資格手当も充実している職場で取得するのが良いですが、これだけのために転職するのはもったいないですよね。
給料には勤続年数も関わってくることが多いですし、新しい環境に慣れながら何かを学ぶのも効率が上がりません。

今いる職場で今取得できる資格が、直接給料アップにならなくても、受験資格を満たしたら順次取得していく方が良いです。
なぜなら、介護福祉士に資格手当が付くならそれを目指すための一歩になるからです。
今取得できる資格に手当が付かないからと言って、資格を取得せずにいると、いつまでたっても介護福祉士の受験資格を満たすことができません。

介護福祉士までかなりの時間が必要だとしても、この間に勤続年数は増えていきます。
手当てを探して転職するよりも、やれることを少しずつこなしていく方が賢い場合もあるということです。

資格による給料アップが望めない場合

資格の有無で給料が変わることが一切ない職場もあるでしょう。特にパートなど非正規雇用にはよくあることかと思います。
職場を変えてしまうことができるのであれば、その方が良いでしょう。その場合は通勤や勤務時間の都合も考慮しなければなりません。

では、転職が現実的でない場合は資格を取得する意味がないかと言うとそうでもないので、やはり取得しておくべきです。
介護の資格は、一般的なものは全てつながっていて、順序立っています。何も取得しなければいつまでもスタート地点で、そこから上位の試験を受けることはできませんので、受験資格を満たしたら順次取得しましょう。
今後、職場が給料形態を変更して資格手当てができるかもしれませんし、何らかの事情で転職することがあるかもしれません。

できるだけ資格を取得しておけば、このような時に後悔することはありません。

まとめ

資格の取得は給料を上げるための有用な手段ですが、全ての人がどのような資格を取っても給料が上がるということではありません。
資格手当、又は資格によって基本給などが上がる場合に、それに対応した資格を取得しなければ上がらないのです。
資格による給料の変化が一切ない職場の場合、無理なく転職できるのであれば転職が賢いでしょうが、転職しなくとも資格は取得しましょう。
介護業界は人手不足ですから、有能な人を逃したくありませんので、今資格手当てがなくても、今後できるかもしれないのです。
資格手当てが付く場合以外は、目に見えた給料アップはありませんが、介護の資格取得は必ず、疎かにするよりも良い結果を生み出しますので、順次取得することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事