HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > パソコンを使えないと介護士になれない?

介護士のお仕事

パソコンを使えないと介護士になれない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護士に必要なスキルは、介護技術や介護知識だけではありません。
介護にはとても多くの書類が必要になります。訪問や、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などでは大量にヘルパー日誌を書く必要もあります。

ヘルパー日誌は手書きが多いですが、現在では記録支援のタブレットなども出てきており、訪問介護などでも機械操作が必要になってきています。

介護の大量の書類の多くはパソコンで作られるため、介護士もパソコンを使える必要性が必ずあります。

基本的なワードの使い方や、エクセルの使い方、フォーマットを使った操作方法、タイピングなどは介護士にも必要なスキルだと言えます。忙しい介護での仕事の中では、できるだけスムーズに書類を作成する必要があります。

書類業務の多い、責任者や中間管理職

介護には何種類もの書類があります。
1つは介護報酬を得るために提出する書類。
もう一つは必ず作って保管しておかないといけない事業所で保管をする書類、それ以外にも毎日のスケジュールやシフトの作成もパソコンで作ります。

お金に関する書類の作成もありますし、事業計画に関わる書類もあったり、書類の種類についても多種多様です。

介護の仕事を初めてからパソコンを覚えるのはだめなの?

pasocon

もちろん、特殊なフォーマットや、介護事業所に向けて作られているソフトの使用など介護の仕事を初めてからでないと覚えられないものもあります。
事業所によって使われているフォーマットやソフトに違いもあるため事前に準備をすることは困難でしょう。

ですが、基本的なパソコンの操作を身に着けておくことは可能です。
基本的な操作が出来れば、入社後に覚えないといけないことが少なくて済みますし、新しいソフトを覚えることに集中することができます。

キャリアアップのためにパソコンのスキルは必要

登録ヘルパーなどで仕事をしている場合は、そこまでパソコンのスキルが求められることは少ないですが、スキルアップをするにつれてパソコンを使う機会は増えていきます。

正社員として働くようになれば、サービス提供責任者の補助としてパソコンでの書類作成を頼まれることもありますし、サービス提供責任者になれば主になって書類を作成する必要が出てきます。

責任者になればもっと多くの書類を作る必要が出てきますし、将来ケアマネージャーを目指すのなら計画書など多くの書類を作成することになります。
このように介護の世界では実際にケアをするだけではなく、書類がとても大切です。

書類の提出をしなければ介護報酬は入ってきません。
その入ってきた介護報酬を介護士たちに支払うにも書類の作成が必要になります。

とくに介護で必要なパソコンのスキルは?

介護で必要になるパソコンのスキルはそれほど特別なことではありません。
基本的にはワード、エクセルが利用でき、タイピングができれば大丈夫です。

ここに書く内容は一例で、すべての事業所が同じ方法とは限りません。
逆に言うと事業所によって多種多様なのでまずは基本的なパソコンの使用方法を知っていることが必要になります。

ワードを使用する

会議録の作成
ヘルパー会議の内容など会議録としてまとめておく必要があります。
会議録はパソコンで清書をして保管されます。

レポートの作成
介護技術など会社から学びに行った場合は、あとでレポートの提出を求められることがあります。習った内容などを見やすいようまとめプリントして提出します。

ヒヤリハットの作成
利用者さんに危険なことが起きた場合など、同じことが起きないようヒヤリハットの作成が義務付けられています。
施設によって手書き、パソコンなど違いがありますが、パートでも正社員でもすべての介護士が書く必要があります。

通院記録の作成など
通院に付き添った場合などは記録として残しておく必要があり、フォーマットに沿って内容をまとめ残しておきます。

エクセルを使用する

ヘルパーのシフト管理
エクセルにフォーマットを作り、入れ替えを行うことでヘルパーのシフト表を作ることができます。

1日のスケジュール管理
ヘルパーに向け、1日の支援内容などを表にします。
ヘルパーは施設へ行くとまずその表を確認しその日の仕事内容を把握します。

利用者の食事量管理など
食事量について、手書きで行う施設とパソコンで管理をしている施設がありますが、パソコンで管理している場合はパソコンに入力していく必要があります。

介護用ソフトの使用

介護の現場では介護用に開発されたソフトを使用することも多いです。
介護用ソフトは種類が多いため、職場を変わった場合など新しいソフトの使い方を覚える必要があります。

1種類のソフトの使い方が分かっていても仕方がないので、入社後にその施設で使われているソフトについて学ぶ必要があります。
介護用のソフトは使いこなせるようになるととても便利です。
介護の難しい計算などに対応しているものもあり、書類作成の効率をあげてくれます。

まとめ

以前より一段と、介護でのパソコンスキルは大切になりました。
今後、介護でパソコンを使用する機会がますます増えていくでしょう。

介護のスケイルアップのためにパソコンは必修です。
必要になった時に慌てないためにも前もって準備が必要になります。

パソコンスキルは一度身に着けてしまえばずっと使うことができます。
ワードの仕様などの変更など、新に学ぶ必要があることもありますが、それほど大きな変更はありません。

時間のあるうちに、前もって準備をしておくことが将来大きく役立ちます。
ぜひ、パソコンスキルを身につけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事