HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 介護職の平均給与と昇給のポイントについて

介護士のお仕事

介護職の平均給与と昇給のポイントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職の給与は一般的には低い印象が強く、また、実際にも他職と比べると高くはありません。
きつい・汚い・給料低い3K揃った介護職ですが、仕事でおこなっているにも関わらず感謝してもらえるという意味では決して「きつい」の一言で片付けられる仕事ではありませんし、排泄物などを扱うという意味では汚くても、困っている方のためになることができる、人道的には美しい仕事であるとも言えます。

では収入面で考えたらどうでしょうか。他職と比較して給料が良いとはどうしても考えられませんよね。
実際に介護職は、どの程度の給料をもらっているのでしょうか。
また、低賃金とされている中でも昇級し、少しでも多くの給料をもらうにはどうしたらよいのでしょうか。

「平均給与額」の考え方と他職との比較

厚生労働省が公開した資料によると、常勤の介護職の平均給与額は28万7420円とされています。
「そんなに貰っている話など聞いたことがない」聞こえてくるようですが、これは平均の考え方の問題で、手当や一時金、賞与も入れた平均額であり、決してデタラメや嘘っぱちではないのです。

例えばこの平均である28万7420円を単純に12かけて年収としてみると344万9040円です。
他職(民間)の給与所得者の平均額は415万円前後ですので、やはり介護職の平均給与は比較的安いと言えます。

意外と高額な介護職の平均給与

他職と比較して年間60万円近くも差があれば不満にも思えますが、男女比や勤続年数にも着目してみて下さい。

介護職は圧倒的に女性職員が多いですが、他職ではそうとは限りません。
他職(民間)の女性に絞った給与所得者の平均給与額は272万円というデータがあります。
すべてではないにしろ女性が圧倒的に多い介護職と比べると70万円近くの差があり、就職も資格の取得も難しくない職業として考えると高額ではないでしょうか。

給与アップの一番の方法は資格の取得

介護業界にも資格手当というものがあります。介護福祉士を取得すればこの手当が毎月プラスされますが、その額は数千円から万単位までピンキリです。

資格手当も重要ですが、資格を取得することによってできることを増やし、それによる給与アップを狙うこともできます。
リーダーや主任、委員長などを勤め、その手当をもらうということです。

当たり前のことを当たり前に

当然のことではありますが、介護職では信用のおける人が特に重宝されます。
難しい事ではなく、欠勤をしない、業務が確実・安全、誠実であるなど、働く以前の人としての信用です。

介護職は利用者の健康のために「少々体調が悪くても出勤する」という事は許されません。特に体温の変化は37度台でも出勤が禁じられますので、例えば5年欠勤しないという事は非常に難しいです。
また、女性が多いこともあり、家族の都合でやむを得ず欠勤することも珍しくはありません。

慢性的な人材不足から適さない人材まで採用しなければならない場合もあり、誠実とはかけ離れたような人柄の持ち主がいることもあります。
こうした理由から、不本意ではありますが「当たり前のことを当たり前にできる人」は少なく、他職よりも重宝されやすいです。
今日の日本では介護職の人材が不足しており、重宝するに値する人は逃がしたくありませんので、こういう人は条件さえそろえば早めに昇進や昇給されるでしょう。

考え方を理解し団体の一部になる

介護職は女性や学歴の高くない人にとって非常に昇進しやすく、中には偉くなりたくて介護職に足を踏み入れる人もいます。
偉くなりたいという事自体には何の問題もありませんが、中には勘違いしている人がいることがあります。
それは「自分がリーダー的存在になれば上へあがれる」と思っている人のことです。

リーダー的資質は立派ですが、何の実績も実力もなくリーダーのように振舞えば誰もついてきませんし、付いてきたとして有事の際に適切な判断力があるかどうかも疑問ですし、同僚を扇動してしまう危険性もあります。
組織の偉い人達は、それを見極めます。そういう人だと印象つけてしまえば、永遠に昇進することはないでしょう。
本当に昇進したければ組織の一部となり、誠実・勤勉さを持って働くことが近道です。

まとめ

介護職の平均給与額は比較的低水準です。
しかし場合によっては他より優れていることもあります。
学歴が必要なく、勤続年数も比較的短い傾向にある職種として考えると、逆に高賃金なのではないかとも考えられます。
収入は資格や役職の手当と勤続年数で増やしていくのが王道でしょう。そのためには当たり前のことを当たり前におこなえる、誠実であることが普通である人柄が必要です。

遅刻・欠勤をせず、安全・確実に勤勉さを持って誠実に働いていれば賞与の評価も高く、昇進させる職員の候補にも挙がりやすいです。
一生懸命にリーダー的資質をアピールしたところで、それは評価されません。
数字を上げることも必要ですが、このような部分が評価され給与にも反映されていくのは、介護ならではではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事