HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 簡単におむつ交換をする方法

介護士のお仕事

簡単におむつ交換をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の介護を行う中で、大変なことの一つとして、おむつ交換があります。
おむつを使用する際には、その高齢者の体形に合ったものであり、さらに排泄量に応じたおむつを使用しなければ、おむつから排泄物がはみ出てしまい介護の負担も増大してしまうこともあります。

そこで、誰でも簡単に失敗しないおむつ交換ができれば、介護者の負担も利用者の不快も軽減することができます。
ここでは、簡単におむつ交換をする方法について、ご紹介いたします。

利用者の体形を考えたおむつ選び

まず初めに、利用者の体形を考え、おむつ選びを行います。
高齢者の中で多いのが、お腹周りは大きいが、大腿部や鼠径部などが細く、お腹周りのサイズに合わせると足元がスカスカの状態となってしまうことです。

そこで、パンツ型のおむつを使用する場合には、両鼠径部からの漏れを防ぐために、おむつの中におむつを当てて隙間をなくすと、おむつ交換がスムーズに行うことができます。

また、テープ式などの場合などには、鼠径部に合わせたおむつを使用し、お腹周りのテープはぎりぎりのところまで伸ばし使用すると、排泄物の漏れを巣セグことができ、簡単におむつ交換を行うことができます。

なるべく利用者に動いてもらいおむつ交換

omutsu

おむつ交換というと、すべて介助者がやらなければならないと考えてしまいがちですが、簡単に行うためには、利用者の助けも必要となります。
左右に寝返りを打つことができる利用者の場合には、片側ずつおむつを当てていきます。
お尻を上げることができる利用者の場合には、お尻を上げてもらいおむつ交換を行います。

そうすることで、利用者のリハビリにもなり、おむつ交換も簡単に行うことができます。
また、トイレで立つことができる利用者などの場合には、立った状態で鼠径部からしっかりとおむつを当て、テープをしっかり止めることにより、排泄物の漏れを予防することもできます。

おむつは当てる前に形を作る

おむつを使用する際、袋から出した状態でおむつを当ててしまうと、身体にフィットした形でおむつを当てることが難しいです。
そこで、おむつを一度縦にして、真ん中から半分に折り目を付けます。真ん中の折り目の部分を、陰部に当たるようにセットし、そこからしっかり体にフィットさせおむつを当てます。

寝たきりの方などの場合には、おむつを体の前方から後方に向けて当て、身体全体をおむつで覆うことができたのち、おむつを開きテープで固定します。
これは、難しそうに見えて、慣れればとても簡単であり、排泄物が漏れにくい当て方となります。

サイドギャザーをしっかりと使う

テープ式おむつでもリハビリパンツでも、ギャザーがついている物が増えています。
そこで、ギャザーをしっかり利用し、おむつを当てることが排泄物の漏れを予防することができます。

特に、ギャザーが内側に入っている状態だと、排泄物が漏れるだけではなく、高齢者の皮膚状況を悪化させる原因ともなります。
そのため、しっかりとギャザーを使用し、おむつ交換をすることで、簡単におむつ交換を行うことができます。

動けない利用者のおむつ交換は、2人で行う

おむつを使用している高齢者の中で、特に寝たきりの高齢者の場合などには、一人でおむつ交換をするのではなく、二人で行うことが簡単でスピーディに行うことができます。
一人が高齢者の身体を支え、もう一人がおむつを当てる方法が良いです。

また、おむつを当てる際には、どの高齢者も同じようにおむつを半分に折り、高齢者の身体にフィットさせおむつを当てます。
さらに、側臥位でおむつを当てたのちには、そのままテープを止め固定し、一人が前方を一人が後方のギャザーをしっかりと広げます。

二人の介護士が行うことで、時間が取られてしまうと考えがちですが、二人で行うことで効率よく簡単におむつ交換が行うことができるため、時間短縮することもできます。

まとめ

簡単におむつ交換をする方法は、まずは高齢者の身体にあったおむつを選び、排泄物の漏れを防ぐことから始まります。
おむつ交換で時間がかかるのは、排泄物の漏れや汚れをいかになくし、きれいに交換するかということになります。

そのため、簡単におむつ交換するためには、常に清潔でありきれいな状態を保つケアを行うことなのです。

また、高齢者が動ける人であれば、高齢者の力を借り、高齢者の動きに沿っておむつ交換を行います。
高齢者が寝たきり等で動くことができない場合などには、二人の介護者が行い、きれいにおむつを当てることが簡単におむつ交換を行う方法となります。

さらに、おむつあるギャザーをしっかり使用し、排泄物の漏れを予防することで、より一層簡単なおむつ交換を行うことができるのです。

おむつ交換は大変というイメージを持っている方も多いですが、おむつの上手な使用をすることにより、簡単でスピーディなおむつ交換を行うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事