HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 登録ヘルパーと施設パートどちらが稼ぎやすい?

介護士のお仕事

登録ヘルパーと施設パートどちらが稼ぎやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職には様々な形態のものがあります。
その中で自分に合った職種を見つけて働くのが、長く続けるコツです。
では、「稼ぐ」という事を念頭に置いた場合は、登録ヘルパーと施設パートのどちらが、より多く稼げるのでしょうか?
今回は「パート」として働く場合をご紹介していきます。

時給だけみると、登録ヘルパーの方が稼げる

ホームヘルパーとして働くには、ホームヘルパー2級か、介護初任者研修の資格がなければ働けないので、施設で働く場合もヘルパーの資格を持っている場合で比較してみます。
よく求人などでの時給を見てみると、施設での場合はヘルパーの資格を持っていると、プラス50円~100円されて800円から1000円といった所が多いようです。

それに比べて、ホームヘルパーの場合は1200円~2000円といった場合が多く、最低でも1200円から、という所が多く、ヘルパーの方が圧倒的に時給が高いです。
これだけ見ると「ヘルパーの方が稼げる」と思いますが、実際はどうなのでしょうか?

ヘルパーの時給には移動費は含まれない

ヘルパーとして働く場合、出勤する時は、事業所から専用の会社の車に乗って、利用者のお宅まで行く場合がほとんどです。
その場合、通常は移動時間に給料は発生しません。
なので、事業所から車で5~10分ほどの近い距離ならば問題ありませんが、20分~30分ほどかかるような距離のお宅まで行かなければいけない時は、移動だけで往復で一時間ほどかかり、その間は給料は発生しないのです。

「タダ働きという事になってしまうのか」とも思ってしまいますが、移動時間も含めて時給が高く設定されているようです。

利用者のお宅に恵まれれば、ヘルパーは稼げる

移動時間の事を考えると、時間がもったいないような気もしますが、移動時間をかけずに稼げる場合もあります。
例えば、ホームヘルパーの運営している事業所で、同じ系列に高齢者マンションなどがあると、そこに住んでいる利用者の方のお宅にホームヘルパーとして派遣される事もあります。 一日の仕事が3~4件あったとしても、一つのマンションの中での移動になるので、移動時間のロスはほとんどありません。

さらに、部屋の作りもほとんど一緒なので、家事援助がしやすいというメリットもあり、高齢者マンションのホームヘルパーは、効率良く稼げる、割りの良い仕事と言えます。

どんな人がヘルパーで働いているの?

高齢者マンションのような割の良い仕事が必ずある訳ではないので、ヘルパーの仕事は必ずしも稼げるという訳ではありません。では、ヘルパーで働く人にとってのメリットは何なのでしょうか?

それはやはり、「時間に融通が効く」という所です。多くのパートのヘルパーの人は子供がまだ小さい、家で介護をしなくてはいけない、などの理由で長い時間働けない方が多いのです。週に一回しか働けない、一日2時間しか働けない、という場合でも登録ヘルパーなら雇ってくれる事業所は数多くあるので、「稼ぐ」というよりも「勤務の都合の良さ」でヘルパーを選ぶ人が多いようです。

安定して稼ぐなら施設、歩合制がいいならヘルパー

例えば時給900円の施設勤務で一日、5時間働いた場合は日給で4500円になります。
同じ5時間の間で、ヘルパーの場合はどのくらい稼げるのでしょうか?
ヘルパーで時給1200円で、5時間の間に3時間勤務の場合は、日給で3600円になります。

移動時間があまりかからない仕事が続けて入っていた場合は5時間で4時間勤務で、4800円になります。
やはりヘルパーとして稼ぐには、「効率の良い職場」というのが大事になってきます。

時給が良くても、移動時間の長いお宅ばかりで働いていたのでは、実際の手取り額は少なくなります。さらに、仕事に慣れるまでは、時間内に決められた業務をこなせない事もあります。その場合は時間をオーバーしても「残業」などはつきません。

また、何かアクシデントがあった場合の時間オーバー(ろう便で部屋が汚れている、利用者の方の体調が悪いなど)も、内容や事業所によって給料が出るところと、そうでない所があります。
どんなアクシデントがあっても、経験や知識が豊富ならば、それなりの対応をする事ができ、よけいな時間ロスは最低限に抑える事ができます。

施設の場合、仕事内容の進み具合に関係なく、一度タイムカードを押してから、再び押すまでの時給制なので、急な残業があった場合でも、給料は支払われるのが基本です。
「時間内に要領良く物事を進めるのが苦手」という人は施設で働いた方が稼げるかもしれません。

まとめ

ヘルパーで拘束時間が同じでも、人によって収入は違ってきます。
特に始めたばかりの頃は、要領がわからず、思うように稼げない事も多いと思います。
しかし、経験を積み、事業所などからも信頼されるようになれば、自分に都合の良い仕事を融通してもらえたり、効率良く仕事を進めれるようになってきるので、長く続ける場合は、ヘルパーの方が稼げるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事