HOME > すべての記事 > 高齢者の方・ご家族の方向けコラム > 通所介護で増えてきている短時間デイサービスとは?

高齢者の方・ご家族の方向けコラム

通所介護で増えてきている短時間デイサービスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法改正等にもよるものか、ここ数年で、短時間でのデイサービスは増えてきました。通常のデイサービスと短時間デイサービスではどのような部分に違いがあるのでしょうか。

ここでは短時間デイサービスの特徴等も含め、ご紹介したいと思います。

短時間デイサービスのメリットとデメリット

短時間デイサービスのメリットと言えば、気軽にデイサービスを利用できる点と言えるでしょう。通常のデイサービスの利用時間はだいたい7時間程になっており、朝から夕方までの利用になります。長い時間ですので、利用を迷われる方も中にはいらっしゃる事だと思います。

又、通常のデイサービスを利用しておられる方で、入浴やリハビリ、食事以外の時間が退屈に感じる方もいらっしゃるかと思います。その点では、短時間のデイサービスですと、自身のしたい事、例えばリハビリ目的で利用される方でしたら、しっかりリハビリをし、目的を果たしたら帰宅するというように無駄な時間無く過ごす事が出来るでしょう。

デメリットとして挙げるとすれば、時間が短い為、利用中のスケジュールがタイトな場合があるかも知れない点です。する事が詰まっていると、他の利用者とゆっくり会話を楽しむという時間が少ないかも知れません。

どのような方に短時間デイサービスの利用が合っているのでしょうか

短時間デイサービスには、「時間を有効に使いたい方」等が合っているかと思われます。ご夫婦のどちらかが家で待っていてあまり長い時間は家を空ける事が出来なかったり、家事等の家の事もしないといけない方等は時間を有効に使う事が出来るでしょう。

また、「体力面で自信が無い方」も短時間ですと利用しやすいかと思われます。長時間の外出は疲れてしまったり身体に負担が大きい方は無理する事無く通う事ができるでしょう。

どのような目的で利用するのか

事業所によって違いはありますが、多くの事業所は午前中だけや、午後だけという3時間程の利用パターンが多いと思われます。ですが、昼食も目的にされておられる方ですと、朝から利用し、昼食も食べてから帰宅するというように、臨機応変に対応してくれる場合もあるかも知れません。

自身がデイサービスで何をしたいのか、何を目的としているか等ケアマネジャーやデイサービスの相談員等に伝え、納得の行くサービスの提供を受けられるようにしましょう。

まとめ

近年のデイサービスはリハビリに力を入れている事業所が増加しているように思われます。スポーツジムのような感覚で利用できる所も増えており、短時間で利用する事で更に気軽に通いやすくなっているのでは無いでしょうか。

色々な趣のデイサービスがありますので、色々な所を見学したりして、自身に合った事業所や利用時間等を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

高齢者の方・ご家族の方向けコラム関連記事