HOME > すべての記事 > 高齢者の方・ご家族の方向けコラム > ご家族様のご心情を軽くするコラム「特別な気づかいは必要無し」

高齢者の方・ご家族の方向けコラム

ご家族様のご心情を軽くするコラム「特別な気づかいは必要無し」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家族で介護ができない」という事情があって介護施設にご本人様(ご利用者様)を入所させたご家族様の心境として
「(ご本人様に対する)入所させてしまった罪悪感」を持つご家族様もいらっしゃいます。

ご家族様がご家族様ご自身を責めることがないよう、介護事業従事者としては願うところです(ご家族様を助けるのが介護施設なのですから)。
そんなご家族様のご心情が少しでも軽くなるような「介護施設には特別な気づかいは必要無し」という内容に触れてみたいと思います。

介護保険は「利用する側」と「サービスする側」が対等な関係

「家族で介護ができない」という事情で、ご家族様が介護施設を選びご本人が入所する・・・
そんな流れの中で、ご家族様によくある心境の1つが「(本人は)手がかかるので、他の利用者や職員の皆様に迷惑をかけているのでは」というマイナスの心情ではないでしょうか。

ご家族様のご心情としては、とても理解できます。

しかし逆の視点で見つめてみれば「手がかかるからこそ、家族では介護できなかった」「手がかからなければ介護施設は利用しない」ということを、ご家族様の立場において良い意味で忘れてはいけません。
(ご本人様が)手がかかるからといって、引け目を感じることはないのです。

また、あたり前ですが「介護施設を利用し、利用料金を払っている(その費用が例えご本人様の年金等で、ご家族様の出費はなかったとしても)」ということを、ご家族様にはぜひプラスの心情としてとらえていただきたいと思います。
ご利用者様やご家族様は、介護施設の側から見れば「お客様(ユーザー)」であるのです。

介護保険制度において、「利用する側(ご利用者様やご家族様など)」と「介護サービスを提供する側(介護施設や介護事業所など)」は基本的に対等な関係です。
対等な関係だからこそ、ご利用開始時に契約書や重要事項説明書を取り交わし、1通はご利用者様やご家族様が保管、もう1通を介護施設や介護事業所が保管することとしているのです。

ご家族様には「(本人は)迷惑をかけている」などと、どうか思わずにいてほしいと思います。

「手間がかかる」からこそ、介護の仕事は成り立つ

介護保険制度の下における施設や事業所のほとんどは「介護度の高いご利用者様の方が利用料が高く、介護度の低いご利用者様の方が利用料が安くなる」となっています。
つまり介護度が高いご利用者様の方が、施設に入ってくる収入は多くなります。

表現を変えると「介護の手間がかかるご利用者様の方が、介護施設に入ってくる収入は増える」「介護度の高いご利用者様が多い程、介護施設に入ってくる収入は増える」ということになります。

もっと表現を変えると、本来介護施設側は「介護の手間がかかってくれてありがとう」と言ってもよいのです。
介護度が高ければ介護施設に入ってくる収入が増えるからです。

ご家族様にお伝えしたいのは「介護を必要とする人(ご利用者様)がいないと、介護の仕事は成り立たない」という点です。
ご家族様が、引け目を感じる必要はないのです。

介護保険は、社会全体で支える仕組み

皆さんは病院にかかるときに、ほとんどの方は保険証を持参するはずです。
病院の診察費や検査費は、保険証を持参して受診しているおかげで全額負担しなくて済んでいるということは、国民の多くが理解しているところではないでしょうか。

介護保険も同様です。
65歳前のある程度健康な人は「介護保険証という保険証がある」ということを知らない人も多くいるのではないでしょうか。

介護保険制度において、基本40歳以上は医療保険と同様、介護保険料を支払っています。
労働世代の人は自分の給与明細等で“介護保険料”と明記され、天引きされていることが確認できると思います。

介護保険も、医療保険と同様、基本は国民全員から保険料を徴収し、介護を必要とする人(そのご家族様を含め)が困らないようにするための、社会全体で支える仕組みであることを、ご家族様としては良い意味で忘れずにいていただきたいと思います。

広い意味で「介護を受けること」は保険料を支払っている国民の権利とも言えるのです。

お気づかいや手みやげは不要

介護施設で腹たいていると、面会の度に菓子折りや手みやげ持参で来られるご家族様がいらっしゃいます。

そんなご家族様に、介護事業従事者としてお伝えしたいことがあります。

どうか、そんなに気をつかわずにいてください。

介護施設の経営は、国全体で支える社会保険制度、介護保険の保険料とご利用者様(ご家族様)にお支払いいただいている費用でまかなわれています。
利用料としてお金をいただいて経営しているので、どうか特別なお気づかいなく介護施設をご利用ください。

まとめ

いかがでしたか?
ご家族様には「家族で介護できないからこそ、費用を支払い介護施設を利用している」「介護保険という国全体で支える社会保険制度を利用している」と考えていただきたいと思います。
特に「(本人を)入所させてしまった」という罪悪感を感じているご家族様のご心情が、この記事を読んでいただいた後に少しでも軽くなっていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

高齢者の方・ご家族の方向けコラム関連記事