HOME > すべての記事 > 介護士の転職~面接の行い方とコツ > 働く者が勤務先を選べる業界!?面接ではスキルアップを理由にすると有利

介護士の転職~面接の行い方とコツ

働く者が勤務先を選べる業界!?面接ではスキルアップを理由にすると有利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護業界は慢性的な人材不足と言われています。
反対に考えれば、どこの事業所も優秀な介護士がほしいので、介護士にとっては働く事業所を選ぶことができる時代とも言えます。
今回は介護士が転職する際、面接を有利にすすめることができるコツをご紹介します。

 

必ず聞かれる「転職の動機は?」の答え方

介護士が働く事業所を選べる時代・・・とは言ってもやはり面接は緊張するものですよね。
面接官に必ず聞かれる質問の1つは「転職の動機は?」といった内容です。

このときマイナスな理由だけは避けましょう(たとえそれが本当の理由であっても)。

例えば「今の職場の人間関係がイヤで」とか、「上司と介護に関する考え方があわなくて」とか、「今は給料が低すぎるので」とかの面接官にマイナス印象を与える理由は、それが本当の理由であっても発言することは避けましょう。

プラスの転職動機でやる気をアピール

プラスの転職動機を述べる前に先にお伝えしておきます。

気合いを入れすぎる必要はありません。緊張しすぎないで大丈夫です。

なぜなら、面接官はあなたがよほど変な人でない限り採用するからです(慢性的な人材不足とはそういうことです)。

普通の口調でプラスの転職動機を話しましょう。

例えば「今の職場で○年働き、スキルアップのために違うサービス形態の事業所で働いてみたいと思ったからです」とか、「今までは日中だけの勤務だったので、夜勤に挑戦してみたいと思ったからです」とか、「スキルアップのために認知症のご利用者様の多い環境で認知症介護の知識や技術を身につけたいと思ったからです」とか、そんなプラスの理由を普通の口調で話してみましょう。

法人・事業所の理念は多少意識するだけでOK

一般職の介護士として転職を志すのであれば、転職したい先の法人理念や事業所理念などは意識しすぎなくても大丈夫です。
しっかり暗記していくと、かえって不自然さを生むことにもなります。

面接を受ける先の事業形態だけは把握しておきましょう(例えば入所型なのか通所型なのか、入所型でも特養なのか老健なのかグループホームなのか等)。
そして自分自身のスキルアップなどが前面に出たほうが、介護士の面接の受け方としては自然です。

まとめ

いかがでしたか?

介護士の転職における面接の受け方では、ぜひスキルアップのような前向きな理由を言ってみてください。
内定がグッと近づくことまちがいありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士の転職~面接の行い方とコツ関連記事