HOME > すべての記事 > 持っていると有利な介護系資格 > 管理栄養士と介護士は仕事上での関わりが深い

持っていると有利な介護系資格

管理栄養士と介護士は仕事上での関わりが深い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理栄養士は、栄養を管理、指導する資格です。栄養士の上級資格になります。」近年では高齢者施設に管理栄養士が配置されて、介護士との関わりも増えてきています。管理栄養士はどのようにして取得するのでしょうか。また、その仕事内容や介護士との関わりについてご紹介します。

管理栄養士は栄養士に比べて難しいですが、給与も高く、働く場所も多い

管理栄養士になる為には、まず栄養士を取得しておかなければなりません。栄養士を取得した後、栄養士の資格を取得してから学校に通って試験に受ける方法、栄養士を取得した後に経験を積んで試験を受ける方法があります。
栄養士に比べて深く栄養学を学ばないといけませんので、栄養士よりも合格率も低く、難易度も高いです。
しかし、栄養士と比べると出来る仕事内容や、指導による加算などがありますので、給与も高いですし、働ける場所も格段に多いです。

管理栄養士は様々な仕事先で働いている、栄養指導も多く、重要な仕事です

044704
管理栄養士の仕事内容は栄養指導、献立作成、調理指導など様々な仕事があります。働く場所も病院、介護施設、栄養教室、調理教室など様々なところがあります。食事に関することですので最近ではスポーツ施設に栄養士がいる場合もあります。
病院などでは栄養指導などが主な仕事になります。糖尿病や腎臓病などの食事制限が必要な方への食事指導、インスリンなどの指導などを行います。食事は身体を作る上で非常に大切なものですので、近年では栄養指導に重点を置いている傾向にあります。
また、教室などでは妊婦や小さいお子様がいる母親などに指導をすることもあります。

介護士との連携も重要な仕事になります、高齢者の栄養を支えていく

近年では管理栄養士は老人ホームなどで働くことが多いです。その際には介護士とも仕事上連携して働きます。高齢者の食事量をチェック、食事の形態が正しいものなのかもチェックします。
食事介助を行うのは介護士の仕事ですので、食べ方はどうだったか、むせなかったのかなど、細かく報告を行って、食事を検討していきます。
カンファレンスにも管理栄養士は参加します。看護師や介護士とともにカンファレンスに参加して、その方の状態をチェックしていきます。

まとめ

管理栄養士は食事のスペシャリストですので、様々な食事の悩み、食事からの体の状態の管理などを行います。高齢者は栄養以外にも食事の形などがありますので、食べやすいように工夫するのも管理栄養士の仕事になります。今後も高齢者増加していく傾向にありますので、もっと管理栄養士の需要は高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

持っていると有利な介護系資格関連記事