HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > おむつ交換の基本と応用方法について

介護士のお仕事

おむつ交換の基本と応用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護施設の介護職や家に寝たきりとなってしまった家族がいる家庭では、おむつ交換は毎日の日課です。
ところが子供のおむつとは違い、身体も排泄物も大人サイズのおむつ交換は技術的にも難しく、羞恥心などもあり精神的にも簡単と言えるものではありません。
介護のプロである介護職でも、毎日何度もおこなっているにも関わらず、上手なおむつ交換ができる人は多くはありません。

おむつ交換が上手くいかないと、介護者の身体的負担やかかる時間も長くなってしまいます。被介護者も羞恥心や申し訳なさが募り、精神的に負担がかかります。

しかし初めから急いで交換するように気をつけてもおむつ交換は上達しません。
では、どのようなポイントに気を付けたらよいのでしょうか。

おむつ交換の基本は「半分ずつ」

時間がかかればかかるほど介護者の負担は大きく、被介護者も恥ずかしいのですが、初めは落ち着いて、ゆっくりでも確実におこなっていれば心配しなくてもスピードは上がっていきます。
まずおむつを広げたら、おむつの汚れた部分が内になるように丸め、陰部を清潔にします。

寝たきりの方のおむつ交換では一気におむつを取り替えることはできませんので、寝返りを打つように横向きになってもらい、シーツに広がっているおむつをまた丸め、身体の下になっている部分に挟み込むようにして寄せます。
この空いたところに新しいおむつも挟み込むように敷き、今度は逆向きに寝返りを打ってもらいます。
反対側から新しいおむつを広げ、汚れたおむつを抜き取れば、あとはおむつを付けるだけです。
簡単なようにでも初めはなかなか上手くはいかないものですが、絶対にできるようになりますので慌てることはありません。

漏れの原因は何?排泄量は問題ではない

介護職ですら「あの人は量が多くてよく漏れる」という事を口にすることがありますが、実は尿量や便の形状は漏れとはあまり関係がありません。
市販されている大人用おむつにギリギリまで水を吸わせて持ってみると、驚くほどの重量があります。こんな量は一度に排泄できるものではありません。

漏れの原因はおむつの当て方にあることがほとんどです。どこかに隙間ができてしまって、吸収される前に漏れ出してしまう・勢いで出てしまうなどが主な原因です。
逆に隙間が無さ過ぎても便の行き場がなく、押し出されてしまいます。
臀部・陰部のあたりに適度な隙間を作りつつ、出口の無いようにおむつを閉じることができれば漏れは少なくなるでしょう。

尿取りパッドを上手に使う方法

尿取りパッドはおむつと比べると格段に安く、上手に使えば費用も抑えられます。尿取りパッドだけで排泄物を吸収し、おむつ自体はカバーのように使う方法もあります。
おむつも汚れてしまえば交換できますし、パッドだけで済めば交換も楽で安く済みますよね。
ただしこの尿取りパッド、おむつより吸収量が少なく、排泄物を受ける範囲も狭いです。

何らかの理由で短時間でのおむつ交換ができず、おむつの吸収量を増やすために使う場合、パッドの端をおむつ側に折り、パッドが吸収できない分をおむつへ逃がすように充てると良いです。
そうでなければ、おむつ交換の時間をその人に合わせ、漏れる前に交換しましょう。
また、パッドの端がおむつからはみ出してしまうと漏れの原因になります。

男性の尿取りパッドの当て方の工夫

男性の尿取りパッドは当てるのが難しいです。
性器を包み込むように、当てるというより巻くという感覚で当てます。男性用尿取りパッドも市販されていますので、これを見ていただくと感覚が掴みやすいでしょう。
しかしこれは不快であることが多く、被介護者がつい触ってしまい、パッドがずれてしまうこともあります。

男性用尿取りパッドは、できればパッドの裏がビニールではなく柔らかい紙製・布製のものが良いです。また、女性もですが男性は特に蒸れも気になりやすいのでこまめな交換ができると良いです。
男性用尿取りパッドではなく、大きめの尿取りパッドを使う方法もあります。

大きめのパッドは前後が決まっているものが多いのですが、臀部側に当てる部分が少し幅広くできています。この幅のある方を性器側に当てて勢い漏れや隙間漏れを防ぎます。

まとめ

漏れが減れば作業も減り、時間は短縮されます。
おむつ交換は身体に負担のかかる体制でおこなうことが多く、長時間になれば腰痛も引き起こしやすくなります。また、おむつが長時間開きっぱなしになっている被介護者も恥ずかしい思いをしますよね。

おむつはぎゅっと締め付けてしまえば苦しくて不快なうえに、行き場のない排泄物が締め出され漏れてきます。緩すぎてもパッドがずれる・隙間から漏れるなどの問題があります。
上手におむつを当てるには、丁度良いサイズを選び、陰部に程よい隙間を空けつつ排泄物の漏れ出す隙間は空けないことが大切です。
初めから上手くはいきませんが、意識していれば必ず上達しますので、慌てず気長に試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事