HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > 介護職の管理者の求められるものとは?

介護士のお仕事

介護職の管理者の求められるものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どの施設にも、管理者という立場の上司がいます。
仕事上の決定権は管理者が握っているため、どんな人間が管理者になるかで、職場環境は大きく変わってきます。現場の職員から求められる管理者とは?

管理者の役割と仕事内容は?

管理者の役割と仕事の内容は、その施設の規模によっても違ってきます。
大きな施設になると副リーダーや、ユニットリーダー、主任、部長、など様々な役職の人間がいて、それを統括するのが施設の管理者になります。

最終的なもの事を決めるなど、職場での権力が大きくなる一方で、何かあった時は最終的な責任をとる立場なので、その役割は多岐に渡ります。
人事を決めたり、施設の経営方針を決めたり、机での作業が主になります。

また、組織のトップの人間は、毎年、新しくなる介護に関する法律や動向も勉強しなくてはいけないので、常に情報収集も欠かせません。
民間で経営している小規模な事業所でも同じような事が言えますが、小さな事業所の場合は、人手が足りないため、時には現場に助っ人として入る管理者もいるようです。
利用者に人を直接介護する、というよりは、外出支援や行司事の進行の手伝いをするといった形が多いようです。

また、グループホームなどでは、管理者とケアマネを兼任している場合も多いです。
この場合は、管理者としての仕事の他にも、ケアマネの仕事内容も加わるので、多忙な毎日にはなりますが、メリットもあります。

例えば、施設に入所する利用者を探す場合、通常はケアマネを通じて紹介してもらう事が多いのですが、管理者とケアマネを一緒にしている場合は、誰かに頼らなくても、自分の独断で、利用者の方を決める事ができます。
大変な分、広い範囲で、自分の思うように仕事を進めていく事ができるのです。

職員から見た理想の管理者とは?

職員から見た理想の管理者とはどのような人物なのでしょうか?
それは人にもよって違うかもしれません。
介護職に就く人の中には、あまり仕事に意欲のない人もいます、そんな人の場合は「何かあってもいちいち小言を言わない人」「何か問題があっても見逃してくれる人」そんな管理者が好かれるのかもしれません。実際にそのような管理者も中にはいるようです。

例えば、利用者の人が転んで怪我をした時、通常ならば、職員がヒヤリハットを書き、管理者が家族に連絡しなければいけませんが、それを「手間がかかる」「めんどくさい」「黙っていればわからない」などの理由で、見てみぬふりをしている管理者も残念ながらいるようです。
真面目に働いている職員にとって理想の管理者とは「自分を育ててくれる人」ではないでしょうか?

利用者の方に対しては誠実に優しく、職員に対しても、間違った事は指摘し、手本を示してくれるのが理想の上司だと思います。

嫌われる管理者の特徴とは?

いろんな人間が働いている介護の世界ですから、職員すべてに好かれる管理者はまずいないと思います。
それでも、真面目に仕事をしている職員から好かれている管理者は「良い管理者」といえるのではないでしょうか?

では逆に嫌われる管理者とはどのような人物なのでしょうか?
よく居るのは、「職員をひいきする」「自分の気分でもの事をコロコロ変える」だと思います。管理者ほど権力が大きくなると、下の人間はなかなか自分の意見が言いにくくなってしまいます。管理者自身に職員の好き嫌いがあると、周りには自分にとって都合の良い事しか言わない職員ばかりが集まってきます。
一部の職員からは好かれているけど、影では嫌っている職員が実は多い、という事になってしまうのです。

良い管理者になるためには?

人手が居ない職場などでは、まだ20代や30代前半で管理者になる人もいます。
職員が少ない介護施設では、十分な経験や、人間としての器がなくても、資格を持っているだけで出世する場合もあるのです。

男性が多い傾向にありますが、若い時に管理者になってしまうと、長年働いている年配の職員と意見がぶつかる事が多いようです。
管理者は自分なのだから、自分の思うようにやっていきたい、という気持ちはわかりますが、自分の年齢や経験が若い間は、周りに頼りながら仕事をしていった方が、結果的に自分の思う職場に繋がる事になるのです。

立場が上でも、自分より介護の経験が長い先輩をないがしろにしてしまうと、何かあった時に自分を助けてくれる人がいなくなり、結局自分の首を絞める事になってしまいます。
自分の部下であっても、相手を尊重し、時には頼ってみる事で、お互い良い関係を築けていけると思います。

まとめ

完璧な人間がいないように、完璧な管理者もいません。
しかし、自分自身が「良い管理者になろう」と努力する事は大事です。
人から良い管理者だと思われようと努力するのではなく、利用者の方や家族、職員の事を考えて行動していれば、まわりの人間もそれをきちんと見てくれているものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事