HOME > すべての記事 > 介護士のお仕事 > デイサービスとデイケア、就職するならどっちがお勧め?

介護士のお仕事

デイサービスとデイケア、就職するならどっちがお勧め?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイサービスとデイケア、何が違うのか、どちらで働いたら良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。名前は似ているけど、何が違うのかどちらが自分に向いているのか、介護士としてどちらに就職することがお勧めなのか、聞けるようで聞けないこともあります。
ここでは、デイサービスとデイケア、就職するならどっちがお勧めかご紹介いたします。

デイサービスとは、介護士が主流となりケアを行う

デイサービスとは、介護が必要な高齢者が、日中何らかの介護を必要とし通う場所となります。例えば、人との関わりを行う中で、日々の運動量をアップすることや、食事を摂ること、入浴することなどがあります。これらを行うことで、在宅生活を継続することができ、そのための支援を行うことがデイサービスの仕事となります。

その中で、介護士は高齢者の状態を把握し、高齢者にとって安全で安心な場所を提供していくことになります。さらに、家族やケアマネージャー等との連携を図り、高齢者にとって今必要な介護が何かということを考え、マネジメントしていきます。
このように、介護士が主流となってケアを行うことが、デイサービスでの介護士の仕事となります。

デイケアは、リハビリがメインの施設

デイケアとは、リハビリの専門的なスタッフがいる施設において、高齢者の残存機能の維持・増進を図ることをメインとしている場所となります。
特に、脳梗塞などの脳血管障害や、心筋梗塞などに伴い身体的負荷を抑えなければならない高齢者など、何らかの疾患を抱えており、それらを総合的に捉えリハビリを行っていく施設となります。

そのため、デイケアではリハビリをメインとしており、リハビリを行っていく中で在宅生活を継続していくことができるよう支援していく場所となります。デイケアでの介護士の役割は、リハビリスタッフとの連携を図りながら、高齢者の状態を把握し日常生活でも活用できるリハビリを継続して行っていくことになります。

例えば、できる事できないことを理解し、できることに対しては維持できるよう支援していき、できないところに対してはできるように支援していくことになります。このように、デイケアにおいてはリハビリがメインの施設となるため、介護士の役割としてはリハビリの補助となります。

日々の生活に重点を置くならデイサービス

高齢者が在宅で生活するためには、メリハリがあり楽しい生活を支援していくことになります。そのため、デイサービスにおいては、日々の高齢者の生活に重点を置き、高齢者が何を求め、どのような生活をしたいのかということを介護士が把握していくことになります。

このように、デイサービスでの介護士は、高齢者が生活を継続していくことを支援していくのと同時に、高齢者の生活そのものをデイサービスに取り組んでいくことになります。

高齢者の身体レベルの向上を目的とするならデイケア

デイケアに通っている高齢者の多くは、まだ若く身体レベルが低下していることが多いです。そのため、身体レベルの向上を目的とし、高齢者が在宅で生活を遂行できるよう支援していくことがメインとしているデイケアでは、高齢者のできる事を増やしていくことが主なこととなります。

その中で、介護士はできる事は何か、どうすることでできるようになるのかということを、他職種と協力の元模索し支援していくことになります。

デイサービスとデイケアでは看る視点が違う

デイサービスとデイケアでは、高齢者に対して看る視点が違うため、どちらに就職することが良いということは言えないです。介護士にとって、高齢者の日々の生活に対しての支援をしたいのであれば、デイサービスに就職することが良いです。

逆に、高齢者の身体能力の維持・増進を行い、様々な疾患を理解しリハビリを行っていくのであれば、デイケアに就職することが良いです。このように、どちらが良いというのではなく、どのように介護士として支援したいのかということにより、就職先は変わってきます。

まとめ

デイサービスとデイケアは、介護士が介護が必要な高齢者に対し何らかのケアを行うことは変わりませんが、介入方法が違うため行う介護も視点も違います。介護士として求められていることも違うため、どちらに就職することが良いということは、一概に言えないのが現状となります。

デイサービスにおいては、高齢者の日常すべてに介入を行い、高齢者が在宅生活を安心して安全に生活できるよう支援していくことになります。デイケアにおいては、リハビリを行いできないところを、できるように支援していくことになります。このように、デイサービスとデイケアでは、高齢者に対しケアをしていくことには変わりはありませんが、日々の生活またはリハビリという、似ているようで違う視点で、高齢者を支援していくことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載中の転職サイト一覧

介護士のお仕事関連記事